未分類

nomoko(ノモコ)の名前とロゴマークに込めた想い

ノモコはコモノ(小物)のアナグラムです。

身の回りの小さいものたちを大切に、小さいものからコツコツと積み上げて頑張っていきたいという想いが込められています。
全国規模の大きい仕事よりも、自分の住む町の身近なものをこそっとデザインすることに喜びを感じる人間です。


そしてnomoko design office(ノモコデザインオフィス)のロゴマークにも2つの意味があります。

ひとつめの意味は家。煙突のある家の屋根の下(家の中)に社名があるデザインです。
家の中にお気に入りのものだったり、幸せな空気があふれていると、外でも頑張れますよね。我々の仕事も同じ。表層だけのデザインではなく、内面から幸せにしていくような仕事の関わり方ができるように、との会社の方針が反映されています。

ふたつめの意味は女性のデコルテ(首回り)。
私は地域の女性たちの役に立ちたいと思っています。女性をキラキラとした笑顔にしたい。胸元に輝くネックレスのようにさりげなく支えたい。そう思ってデザインしました。

ネックレスは、学生時代〜会社員時代に飽きるほど作りました。
服飾アクセサリーやストラップなどの雑貨小物を、学生時代は一つ一つ自分で作り、社会人になってからは仕様書を書いて工場で量産してもらったりしていました。
何かを手を動かして作ることや、手仕事の温かみが感じられる製品は大好きです。

 

手仕事といえば、比企郡小川町にユネスコ無形文化遺産に登録された和紙がありますよね。
何かしらデザイナーとして将来関われたらいいな、と一方的に恋焦がれています。
(可愛い和紙雑貨や、スタイリッシュな祝儀袋とか、私が欲しい!)

そんなわけで、ノモコの名前の由来でした。ちっちゃなものからコツコツと。
ちっちゃい仕事お待ちしています!